enkakushi.gif

 

都立一橋高校は昭和25年4月、都立今川高校と都立神田高校を合併し現在地に創設されました。
今川高校は、その歴史を今川裁縫補習所(明41)と神田区立神田女子補習学校(大2)、麹町区立麹町実科女学校(大13)に、神田高校は、市立蒲田工業高校(昭15)に遡ることができます。
 詳しい変遷はこちらをご覧下さい。

kyukousya.jpg

kousha.jpg

shinkousha.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校舎はもと神田高校のものであったが、はじめは神田区立橋本尋常小学校として昭和4年に鉄筋コンクリート3階で建てられたものでした。
しかし創立した昭和25年当時は戦災の傷跡が残った廃墟のような状態でした。
それから約10年の歳月をかけて高等学校の校舎として改修されてきました。
昭和34年4月に機械科が京橋化学工業高校と合併して羽田工業として巣立っていった後の空き教室を模様替えするのを期に全面改装して薄汚れたような校舎が明るい瀟洒な校舎に生まれ変わりました。
その後昭和35年に創立10周年事業として屋上に当時都立高校としては最大の図書館を、昭和37年8月には柏葉会館が建設されました。
会館4階視聴覚室の音響装置は上野文化会館に匹敵する音響効果を誇ったものです。
昭和42年3月には狭くてあまり役に立たなかった西側裏校庭に3階建て新館の特別教室が建ちました。
いろいろ整備されてきた校舎も体育館だけは小学校当時のままで高校基準の体育館を持たない都内唯一の高校となり体育館建設が必要になりました。
昭和45年には耐震検査の結果校舎の老朽化が指摘され、また昭和48年8月には創立以来不法占拠されていた校地返還に対する裁判決着をみたのに呼応して昭和49年6月柏葉会館を除く全面改築を決定して昭和51年9月に現在の新校舎が落成されました。
 
一方教育制度は戦後GHQによる学制改革により教育課程の大規模な改編があり、新学制による新制小・中・高・大学校による「6・3・3・4制」の学校体系への変更、9年間の義務教育化が実施された。
本校は新制高校として発足した神田高校と今川高校が旧制中学が全面廃止された昭和25年に統合され、小学区制・男女共学・総合制の高校三原則モデルに沿って開校した。
その後平成13年に都立各校の特色化を打ち出す中で進学指導も都民の多様なニーズに応えられる施策が打ち出され、平成15年には学区制度が廃止された。
更にこの年には夜間定時制から昼夜間3部の時間帯での授業が可能となり、且つ4年通学をしないといけなかったところを全日制と同じく3年で卒業ができるような単位制が開始されました。
当校においては昭和26年卒業(1期生)より平成18年卒業(56期生)までの全日制課程から平成17年より3部制定時制課程・通信制課程を併設した単位制高校として再スタートしました。
 
  現在の定時制の一日・通信制の一週間はこちらをご覧下さい。